築地本願寺(中央区)

築地本願寺の納骨堂について、供養の方法や料金などを詳しく調べました。

知名度の高い築地本願寺の納骨堂は永代使用OK

築地本願寺の納骨堂

浄土真宗(西本願寺)の直轄寺院として名高い築地本願寺は、歴史と知名度を共に兼ね備えた寺院です。広い敷地内に鎮座する正面本堂は特徴的な建築物で、本堂は国の重要文化財にも指定されています。納骨堂はこの本堂の中央に位置する阿弥陀様の真下にあります。全部で2072区画あり、専用の礼拝施設も付随しています。

築地本願寺の納骨堂を利用する場合は、宗派が浄土真宗本願寺派(西本願寺)でなければならない制約があり、注意しなければなりません。これまでの宗派は問いませんが、もし所属するお寺がない場合は、築地本願寺護持講に入講(年度講費1万円)すれば、誰でも利用できます。

築地本願寺では納骨堂を墓地として扱っているそうです。ですからお参りする度に自分の区画の扉を開くことができません。参拝は本院や礼拝施設で行なうことになるでしょう。

[参拝方法]

9:00~16:00の間に参拝できます。

[法要]

納骨堂に隣接されている2箇所(瑠璃の間、琥珀の間)の礼拝施設で法要できます。また築地本願寺の本堂でも法要を受け付けています。

[供養期間]

基本は永代使用ですが、継承者がいない場合で永代措置(50万円)を申し込むと15年、特別措置(100万円)なら30年維持管理してもらえます。その後和田堀廟所の総廟(合葬墓)に改装されます。

築地本願寺 納骨堂の利用料金

特別区画
(室内納骨堂)

200万円

◎納骨段の最上段・最下段を含む2区画セットの区画を使用できます。

※年間管理費3万円

普通区画
(室内納骨堂)

150万円

◎1区画は全骨1体分の大きさです。専用の骨壺を利用すれば全骨2体を納められます。小さい骨壺に分骨する場合は、複数体の納骨も可。

※年間管理費3万円

納骨堂の概要

所在地 東京都中央区築地 3-15-1
最寄り駅 地下鉄日比谷線「築地駅」より徒歩1分
宗派 浄土真宗本願寺派
納骨可能な宗旨・宗派 浄土真宗本願寺派(西本願寺)のみ。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧