東長寺 千手堂(新宿区)

新宿四谷にある東長寺の納骨堂について、詳しく調べました。

生前予約を受け付けている東長寺の納骨堂 千手堂

東長寺の納骨堂

東長寺の納骨堂である千手堂を利用するためには、まず、400年記念事業の一環として発足した緑の会に入会する必要があります。入会することで永代供養をしてもらえることになり、墓碑や戒名もお寺の住職により直接頂けるシステムになっています。

納骨堂に入るためには、生前予約が基本です。特徴的なのは家の名前ではなく、名前を墓石に刻みます。千手堂に位牌と分骨が安置されます。

千手堂は緑の会会員の専用の納骨堂で、千手千眼観音像が祀られています。東長寺自体は1594 年に開創され、実に400年の歴史ある曹洞宗のお寺です。境内には七つのお堂「七堂伽藍」や山門・法堂・仏殿が一体となった本堂など、お寺として風格があり、厳かな雰囲気に包まれています。

緑の会に入会していれば、亡くなった時に東長寺で葬儀を行なうこともできます。枕経、納棺、通夜、告別式、初七日などで供養してもらえます。ちなみに葬儀は親族葬や家族葬も可能になっています。

普段は緑の会の会員を対象として、一日法要や法話会、写経会、坐禅会などの行事も行われています。納骨堂利用のみならず、仏教に関心があって日々の生活でお寺と係わり合いを持ちたいと考えている人におすすめできます。

[参拝方法]

9:00~17:00まで自由にお参りができます。

[法要]

亡くなられた月の一日(18:00〜)に、毎年供養を行っています。水の苑に多数の灯火をともす「萬燈供養」があり、ご家族をはじめ、友人なども参加できます。

[供養期間]

三十三回忌まで。それ以降は多宝塔に合祀され永代供養されます。

東長寺 千手堂 納骨堂の利用料金

利用料金 80万円

※墓碑(縁の碑)、戒名、御位牌、納骨法要、納骨堂使用、永代供養、管理費用を含みます。

◎管理費や年会費は必要ありません。

納骨堂の概要

所在地 東京都新宿区四谷4-34
最寄り駅 丸ノ内線「新宿御苑前駅」「四谷三丁目駅」、都営地下鉄新宿線「曙橋駅」より徒歩7~8分
宗派 曹洞宗
納骨可能な宗旨・宗派 墓苑「水の苑」を運営している緑の会への入会が条件
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧