真成院 四谷霊廟(新宿区)

四谷霊廟の納骨堂について、料金などを詳しく調べました。

東京の納骨堂発祥地として由緒ある真成院 四谷霊廟

真成院四谷霊廟の納骨堂昭和46年に建立された納骨堂は、東京で最も古いものになります。当時寺院建築の権威者として知られていた東大教授が直接指導して建てられた四谷霊廟は、総アルミ製の納骨壇を備えていて、今でも当時のままの輝きを保っています。

真成院四谷霊廟の納骨堂は、プランの豊富さが特徴です。500万円以上もする特別仕様の最高級仕様のものから手頃な30万円クラスのものまで、5種類から選ぶことができます。

永代使用と永代供養をそれぞれご自身の希望で選べる納骨堂になっています。真成院自体は400年以上の歴史を持っていて、江戸時代は四谷界隈の4名所のひとつに数えられていました。

[参拝方法]

タイプによって異なりますが、基本は仏壇式でそれぞれ遺骨が安置された霊台の前で参拝できます(密厳・華厳・清厳)。

蓮華廟や八角廟では、それぞれ専用の霊台にてお参りすることになります。

時間は特に決まっていませんが、一般的にお寺が開放される昼間の時間になります。

[法要]

法要についてはホームページなどで明記されていませんが、信徒の会もあるので、相談すれば執り行ってもらえるでしょう。

[供養期間]

蓮華廟は七回忌または三十三回忌までお骨を安置、八角廟は三回忌まで。その後は合祀して永代供養されます。

真成院 四谷霊廟 納骨堂の利用料金

特別仕様 密厳 530万円
◎大日如来の「密厳浄土」の名に由来する最高級の霊台。お骨は16名まで安置できます。
※入壇料含む
※年間管理費2万円(護持会費込み)
華厳 185万円
◎華厳経に由来する霊台です。お線香などをしまう引き出し付き。お骨は12名まで安置できます。
※入壇料含む
※年間管理費2万円(護持会費込み)
清厳 135万円
◎お骨は8名まで安置できます。
※入壇料含む
※年間管理費2万円(護持会費込み)
上記3つのプランは永代使用になります。
蓮華廟 35万円(ご夫婦に限り二名60万円/七回忌まで)
50万円(ご夫婦に限り二名90万円/三十三回忌まで)
◎供養方法は、七回忌、又は三十三回忌まで遺骨を安置した後、八角廟に合祀して永代供養されます。戒名は無償で授与されます。
※年間管理費は無料。
八角廟 30万円(二名以降20万円)
◎三回忌まで八角廟内に安置、その後は合祀して永代供養されます。戒名は無償で授与。
※年間管理費は無料。

納骨堂の概要

所在地 東京都新宿区若葉2-7-8
最寄り駅 JR線・地下鉄丸の内線・南北線「四ツ谷駅」より徒歩7分
宗派 真言宗
納骨可能な宗旨・宗派 宗教・宗派は問いません。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧