應慶寺(渋谷区)

應慶寺の納骨堂について、費用や供養方法などを詳しくまとめました。

新規区画を受付中の東京渋谷区にある應慶寺の納骨堂

應慶寺の納骨堂

※納骨堂イメージ

應慶寺の納骨堂は2014年に完成したばかりの仏壇形式を採用した納骨堂になります。通常みられるようなロッカー式タイプではなく、上部が仏壇・下部が納骨壇になった比較的大型の納骨壇です。

一区画最低でも3体が納められるので、個人や夫婦で利用するというよりも、家族で代々に渡って使用する永代使用の室内墓として考えた方が良さそうです。應慶寺では阿弥陀如来像が本堂に安置され、納骨堂には観音像が据えられています。浄土真宗本願寺派のお寺ですが、宗旨・宗派も問わず、生前の契約も可能になっています。

お寺は一般の方も利用できる葬儀場としての役割を担っていて、家族葬なども頻繁に行なわれています。もしここで葬儀までお願いする場合は、お通夜と告別式を應慶寺霊廟で行った後、火葬場へ出棺して、その後お骨を納骨堂へ収蔵する流れになります。

ちなみに應慶寺では、後継者がいなくなっても合葬しない方針をもっていて永代にわたって個別に供養されるそうです。駐車場も用意されていますが、車を使わなくても都心に近く2線3駅利用ができる交通至便の場所にあるため、参拝もしやすいでしょう。

[参拝方法]

納骨堂内に並ぶ自分の仏壇式納骨壇の前にてお参りすることができます。

[法要]

申込み時には過去の宗旨・宗派は問われませんが、以後の法要は浄土真宗の作法により應慶寺の住職により行なわれます。境内にある本堂や会館で法事や葬儀をすることができます。

[供養期間]

万が一後継者が途絶えたとしても、無縁墓として合葬儀は行なわない方針です。

應慶寺 納骨堂の利用料金

利用料金 170万円(お仏壇付き3個収蔵Bタイプ)
240万円(お仏壇付き6個収蔵Aタイプ)

※年間管理料が1万円別途で必要です。

納骨堂の概要

所在地 東京都渋谷区元代々木町24-3
最寄り駅 小田急線「代々木八幡駅」より徒歩5分、小田急線・千代田線「代々木上原駅」より徒歩10分、千代田線「代々木公園駅」から徒歩5分
宗派 浄土真宗本願寺派
納骨可能な宗旨・宗派 宗教・宗派は問いません。

 

東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧