妙祝寺(杉並区)

妙祝寺の永代供養墓について、費用などを詳しく調べました。

お骨の一時預かりをしている妙祝寺

妙祝寺

日蓮宗の妙祝寺での供養施設としては、永代供養墓や墓地のみで納骨堂は用意されていません。ただし、遺骨の一時預かりは相談の上、してもらえるそうです。ですから妙祝寺を利用する場合は、永代供養墓になるでしょう。比較的リーズナブルな価格設定で、墓石や永代使用料、彫刻など必要なもの全てが用意されています。

交通も便もよく、地下鉄も2駅使えるし、環七通りからも近く駐車場も用意されているので、車を使ってもお参りしやすくなっています。お寺の近くには自然豊かな蚕糸の森公園や、イベントで多く使われる教育文化施設「セシオン杉並」もあって、お寺自体も街にほどよくとけ込んでいます。

歴史も古く、江戸時代の寛永5年(1628年)に麻布桜田町(現在の港区六本木)に開創されたといわれています。開山は興善院日為聖人で、開基は常法院殿妙祝日栄大姉と伝えられています。その後大正3年(1914年)に現在の杉並区に移転してきました。

境内本堂には、文化財にもなっている江戸初期に作られた不動明王像や本尊に十界曼荼羅、日蓮聖人像が祭られています。どことなく懐かしい雰囲気があって、都会の喧噪を忘れさせてくれるお庵のようなお寺でした。

[参拝方法]

お寺が空いている時間内ならいつでも参拝できます。

[法要]

7月の第4日曜日に施餓鬼会、11月3日の文化の日に宗祖御会式が行なわれます。個別の法要は相談の上執り行っています。斎場はありません。

[供養期間]

永代使用のため、供養期間は設けられていません。

妙祝寺 お墓の利用料金

永代使用墓 40万円(0.2㎡)
55万円(0.36㎡)
80万円(0.56㎡)

※年間管理費がそれぞれ別途1万円必要です。

◎永代使用料、墓石、墓石工事、基本彫刻、消費税が全て含まれた特別セット価格98万円~のプランも用意されています。

お墓の概要

所在地 東京都杉並区梅里1-1-19
最寄り駅 地下鉄丸ノ内線「新高円寺駅」より徒歩7分・「東高円寺駅」より徒歩10分
宗派 日蓮宗
納骨可能な宗旨・宗派 宗教・宗派は問いません。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧