金蔵寺(港区)

金蔵寺の納骨堂について、かかる費用や供養方法などを詳しく調べました。

行き届いたおもてなしの心を大切にする納骨堂 金蔵寺

金蔵寺の納骨堂

800年の歴史を持つ金蔵寺は港区の麻布十番にある浄土真宗のお寺です。境内にはお寺らしく、本堂や庫裏、納骨堂の他にも永代供養墓や一般墓地があります。

そのなかでも納骨堂の「聖樹」は新しく美術館のような佇まいで、独特の気品を漂わせています。参拝スペースは観音様と阿弥陀如来像が鎮座していますが、そこかしこにガレやドーム、レオナールフジタなどの芸術品も多数飾られていることからも落ち着いて参拝をしてもらう心遣いが感じられます。

おもてなしを大切にする金蔵寺では、受付カウンターに常時、住職の親族、僧侶が待機しています。普段の参拝だけでなく、見学などでも出迎えられ、丁寧に説明を受けることができますよ。

納骨堂は生前の契約も可能で、宗派に制約はありません。戒名を希望する場合は別途法名料が必要になりますが、浄土真宗での戒名を付与してもらうことができます。

[参拝方法]

9:00~17:00。お寺が空いている時間にお花やお線香を持たずに手ぶらで参拝することができます。お参りは常花とお香が焚かれている参拝スペースで行ないます。納骨時と年一回の命日参拝時に限り、僧侶と共に納骨堂内にての参拝が可能です。

[法要]

彼岸法要やお盆法要など、年間を通して法要を行なっています。

[供養期間]

後継者不在などにより年間管理料を滞納されたとしても、33年間収蔵されます。その後永代供養墓内にて合葬します。

金蔵寺 納骨堂の利用料金

一人用 55万円
※年間管理料5,000円が別途必要です。
家族用 100万円
※年間管理料1万円が別途必要です。
特別区画一人用 100万円
※年間管理料5,000円が別途必要です。
特別区画一人用 200万円
※年間管理料1万円が別途必要です。

◎特別区画は、阿弥陀仏如来像・観音菩薩像の背面区画に遺骨が安置されます。毎月のお命日に名前を読み上げて供養されます。

◎上記すべて、永代使用料になります。

納骨堂の概要

所在地 東京都港区元麻布1-6-19
最寄り駅 地下鉄南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」より徒歩6分
宗派 浄土真宗 本願寺派
納骨可能な宗旨・宗派 宗教・宗派は問いません。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧