寂円寺 寂光廟(文京区)

寂円寺の納骨堂・寂光廟について、詳しく調べた内容をまとめました。

東京文京区にある納骨堂 寂円寺寂光廟

寂円寺の納骨堂

浄土真宗東本願寺派 法輪山 寂円寺の納骨堂である寂光廟は、東京のほぼ中心地である文京区にあります。歴史も古く寛永12年に開基。以後360年以上にわたり続いてきた由緒ある名刹です。境内には、穏かな水の音をたたえる「洗心の滝」があり、訪れる人の心を清めてくれます。

納骨堂である寂光廟は、滝の流れる緑に囲まれた参道を通って参拝できます。野外墓地の一角に位置していて、納骨檀には撒骨合祀カロートがあります。カロートとは、墓石の下にある納骨堂です。寂光廟の内部は、中心にご本尊があり、その周壁に納骨壇が並べられています。

壁面には、故人の名前が一人ひとりしっかりと刻まれます。この納骨堂内部には納骨時のみ入ることができ、普段は廟上の墓碑の前に参拝することになります。寺内には広々としたエントランスロビーや150人を収容できる多目的ロビーを備え、法事を行なうことが出来ます。

供養自体は浄土真宗の作法で行ないますが、納骨堂のお申込み以前の宗教や宗派にはこだわっていません。ちなみに寂円寺では歴代の住職も寂光廟へ納骨されているそうです。伝統と歴史を受け継ぐ寺院の納骨堂で、永代に渡って供養してもらえます。

[参拝方法]

通常は納骨堂の上にある墓誌の前で行ないます。納骨堂への立ち入りは納骨を納める時のみになります。

[法要]

元旦、春・秋お彼岸、お盆、報恩感謝の年5回にわたり、寂光廟墓前にて読経が行なわれます。

[供養期間]

三十三回忌まで納骨壇に安置され、その後合祀墓にて永代供養されます。

寂円寺 寂光廟の利用料金

納骨壇一体 50万円
分骨 30 万円
合祀一体 20万円

※永代供養年5回、墓誌刻名料、維持会費の費用を含む。

納骨堂の概要

所在地 東京都文京区白山4-37-30
最寄り駅 都営地下鉄三田線「千石駅」A2出口より徒歩4分、「白山駅」より徒歩5分
宗派 浄土真宗東本願寺派
納骨可能な宗旨・宗派 宗教・宗派は問いません。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧