円通寺(荒川区)

円通寺の供養方法や費用などをくわしく調べました。

荒川区指定文化財を持つ円通寺の納骨堂「観音堂」

荒川にある円通寺は、荒川区の中でも最大級であり、歴史を受け継ぐ寺院です。都の指定文化財にも指定されている彰義隊の墓所もあり、境内には数々の史跡があります。納骨堂の運営においても、信念をもっていることが伺えます。それは「絶対に無縁仏を出さないために、とにかく供養する場を提供したい」との思いからか、東京都内にある納骨堂の中でも極めて安価な費用で納骨することができます。

これも見せしめに散乱放置されていた彰義隊の遺体を斬首覚悟で円通寺の23世である佛磨和尚が出向き供養したと言う逸話からも、その意志が綿々と受け継がれているからでしょう。納骨堂である観音堂は室内にあってロッカー式の墓地となっています。

1区画2霊まで収骨ができ、1霊の場合はそのまま遺骨壷で、2霊になれば専用のケースに遺骨を入れて個別に収納されます。戒名は曹洞宗の宗旨によって、無償で没後に授けてもらえます。

[参拝方法]

9:00~17:00の間に参拝できます。

[法要]

葬儀・法要をされる場合は、曹洞宗の作法によりおこなわれます。ただし信徒に寄付の義務はありません。法要は円通寺に隣接する法要スペース(事前予約の必要有り)で、椅子席30人程度なら行なうことができます。

[供養期間]

管理料(信示金)をお支払いできない状態から10年が経った折りに、合祀墓に遺骨を移して永代供養されます。

円通寺 納骨堂の利用料金

利用料金 35万円(1名)
※年間管理費が9,000円かかります。
45万円(2名)
※年間管理費が1万8,000円かかります。

全て永代供養料、墓参用お位牌×1、ご遺骨座布団×1、開眼供養料、納骨法要料が含まれています。また管理料は契約された年は無料になります。

納骨堂の概要

所在地 東京都荒川区南千住1-59-11
最寄り駅 東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」より徒歩5分、都電荒川線「三ノ輪橋駅」より徒歩3分、JR常磐線「南千住駅」から徒歩8分
宗派 曹洞宗
納骨可能な宗旨・宗派 宗旨・宗派は問いません。ただし納骨堂契約後は、信徒になる必要があります。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧