国宝山甘露院醫王寺(稲城市)

南多摩にある国宝山甘露院醫王寺の納骨堂の利用料金など、くわしく調べた内容を記載しています。

リーズナブルな料金が魅力 国宝山甘露院醫王寺の納骨堂

国宝山甘露院の納骨堂

国宝山甘露院醫王寺は正式な創建年代は不明ですが、元文2年(1737年)頃に開山された歴史をもつ天台宗の寺院です。多摩川三十三観音霊場23番、関東九十一薬師霊場2番札所でもあります。天台宗のお寺ですが、宗教や宗旨は問わず納骨堂を利用できます。

その特徴として特筆したいのは、なによりもリーズナブルな料金でしょう。更新も1年毎に決められるので、個々人の考え方を反映して利用しやすくなっています。ただ、三十三回忌までといった長い期間個別に遺骨を預けるならば、毎年2万1,000円の更新料がかかるので、それ相応の費用がかかることになります。ですから短い間の供養で構わないという方におすすめできます。

本堂東側に多目的に利用できる国宝殿があり、駐車場も完備。通夜や葬儀、法要をおこなうこともできます。醫王寺の檀信徒以外の方でも利用できますが、その際は葬儀社が窓口になっているようです。またペット火葬施設も併設されています。

[参拝方法]

寺院が開門されている時間に、参拝できます。基本納骨堂内への立ち入りは納骨時のみのため、本堂乃至納骨堂前の祭壇にお参りすることになります。

[法要]

醫王寺に併設された多目的ホールの国宝殿実相霊廟にて、通夜や葬儀、法要を行なうことができます。回忌供養を行なう場合は、天台宗の流儀で執り行われます。

[供養期間]

納骨堂の場合は1年毎に使用期限を決めて保管できます。期間終了後は合祀墓に移して供養されます。合祀墓はお預かりしてから1年間は骨壺のままで保管して、その後に合祀墓で合祀されます。

国宝山甘露院醫王寺 納骨堂の利用料金

納骨堂 7万3,500円(合祀代1万500円含む)
※2年目以降2万1,000円がかかります。
合祀墓 3万1,500円
※生活保護の方の合祀は、1万500円で受け付けています。

納骨堂の概要

所在地 東京都稲城市大丸1417
最寄り駅 JR南部線「南多摩駅」より徒歩2分
宗派 天台宗
納骨可能な宗旨・宗派 宗教・宗派は問いません。
東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧