お墓の移動

法律で決められたお墓を移動させる時の決まり事

田舎などに先祖代々のお墓があって、お参りが大変だったり、普段から管理できない時などは、住まいの近くにお墓を移動させることも出来ます。

これは「改葬」といって、言わばお墓のお引越しです。ただこの改葬は自由・勝手にすることはできません。きちんと法律があって、現在埋葬されている遺骨を新しい場所へと移すには、役所の許可が必要となってきます。

お墓を移動させる手順

まず役所に申請する前に、新しいお墓や納骨堂を決めます。これは後で役所へ改葬許可申請をする際に、移転先の管理者からの受入証明書が必要になるからです。さらに埋葬証明書を発行してもらうために、移転元の管理者の了承も必要です。お寺さんなどにはお墓の移動する旨を丁寧に伝え、相談に乗ってもらいましょう。この際少しばかりのお布施をしておくと、スマートにことが進むでしょう。

埋葬許可申請は、移転元の市町村役場で改葬許可申請書を手に入れ必要事項を記入します。さらに、移転元の管理者に発行してもらう埋葬証明書と、移転先の管理者に発行してもらう受入証明書を添付して申請します。

書類に問題なければ埋葬許可書が発行され、それを移転先の役所に提出します。法律的なハードルは以上でクリアできますが、肝心なのはお寺さんとのお付き合いや改葬のしきたりです。

移転元から遺骨を取り出す際には「魂抜き」の法要をお寺さんにお願いします。また移転先でも納骨供養を行い、新しい場所で安らかに故人が過ごしていただくために「魂入れ」の供養を執り行います。

お墓の移動には概ね200〜300万円程度必要となってきます。以前納めていた永代使用料などは返却されることはまずありません。移転先が納骨堂の場合は新しく墓石や墓地の使用料もかからないため、これよりは少し低めの費用になるでしょう。何れにしても決して安価では済みませんので、お金の面での準備も怠らないようにしましょう。

お墓移動にかかる費用相場の目安

[移転元に支払うお金]
□埋葬証明書発行手数料:400円~1,500円/1通
□墓石処分・区画整理費用:10万円~12万円/1㎡
□遺骨の取り出し費用:4万円前後/1体
□併願供養費用:5,000円~1万円
□離檀費用:相場はお寺によって異なります。

[移転先に支払うお金]
○納骨費用:3万円前後/1体
○開眼供養費用:3万円~5万円
○その他の費用:役所への改葬許可証発行手数料や改葬手続きの手数料の他に、お寺の檀家になるには、入壇料や年会費が求められます。

東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧