代表的な種類

納骨堂の種類一覧

納骨堂はその形態によって様々な種類があります。納骨堂の仕組みによって参拝方法もかわってきますので、それぞれの特徴をまずはしっかりと頭に入れておきましょう。

[仏壇式納骨堂]
上下に分かれていて、上段に仏壇、下段は遺骨を入れるスペースになっています。個人で利用できる空間が広く、通常のお墓のように代々受け継いで利用できます(永代使用の場合)。ただ、その分他の納骨堂と比べると費用面で割高な傾向にあるようです。

[ロッカー式納骨堂]
同じ大きさのお壇が納骨堂内に積み重ねられたタイプです。最近では扉部分がデザインされたものも多くなっています。限られたスペースを有効活用できるため、マンションタイプのお墓に多い納骨堂になります。ロッカー内を専用スペースとして自由に使え、料金も比較的にリーズナブル。ただロッカー式は駅にあるコインロッカーをイメージされる方も多いようです。必ず見学に訪れて納骨堂の雰囲気を確かめてから契約されることをオススメします。

[機械式納骨堂]
専用のカードやキーを納骨堂内や入り口にある機械に通すと、自動的に遺骨がお参りするスペースに運ばれてきます。このタイプは最新式で新しいタイプの納骨堂に多いです。遺骨は普段、納骨堂内の人目につかないところに安置されていますので、ちょっと寂しいと感じる方もいます。また機械ですので、故障した場合やメンテナンス時は当然遺骨と対面できません。

[位牌式納骨堂]
位牌を内仏の周りに立てかける様式です。遺骨は別の場所に他の方と一緒に安置されています。個別にお骨を安置できますが、ロッカー式よりも費用は安く抑えられます。ただご遺族がお骨を見ることができませんので、この方式の場合は分骨される方も多いとのこと。東京では数は少ないですが、位牌・ご本尊・遺骨をひとつの厨子に入れて管理している納骨堂もあり、この場合は故人のお骨と対面して参拝できるので好評のようです。

[合葬式納骨堂]
永大供養塔や合葬墓の中に他の遺骨と一緒に安置します。骨壺をそのまま安置する場合とすぐ合祀する場合があります。特に合祀した場合はお骨を後で引き取ったり、改葬することはできません。このパターンが今まで説明した納骨堂の中で、費用面だけをみるならば1番安価に抑えられます。

公営納骨堂と民営納骨堂の違い

上記は主に各寺院や団体・企業が個別に運営している、いわば民間の納骨堂になります。この他にも都道府県や市町村といった自治体が運営・管理している公営納骨堂があります。

公営納骨堂は、自治体それぞれが定めている使用条件を満たした方だけが利用できます。ただ申し込んだからといって必ず入れるわけでなく、多くの公営納骨堂では抽選になっていて、なかなか利用できないのが現状です。

公営ですから民間の納骨堂と比べて費用が押えられているのが最大のメリットでしょう。宗旨・宗派も問われないのも特徴と言えるでしょう。

民営納骨堂は主に宗教法人や財団法人・社団法人といった団体が運営していることが多く、販売については一般の民間業者が行なっています。中にはマンションの一室を使って運営しているような民営の納骨堂もあります。

東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧