費用相場

納骨堂の費用目安や相場について

納骨堂を利用する際の費用には、定価というものがありません。さらに公営や民間・寺院によっても料金に開きがあるため、ますます費用については分かりづらくなっています。

このサイトをつくるにあたり東京の納骨堂の費用相場を調べてみました。おおよその相場がわかりましたのでお伝えしますね。

先に挙げた納骨堂の種類によっても料金に差が出てきます。費用は人数分の遺骨の数や祭壇のタイプ、使用する年数によっても異なりますが、だいたい1人用で50万円〜100万円、家族タイプで100〜120万円くらいが相場のようです。最近では100万円前後の高額なものも、そのサービス内容の手厚さから人気が高いようです。

公営納骨堂が費用面でみれば1番安価になります。一例ですが多摩霊園の納骨堂なら25万8,000円(2人用・年間管理費3,210円)・34万5,000円(4人用・年間管理費4,280円)です。この金額で30年に渡り使用できる訳ですからかなり格安と言えます。ただし、当然人気のために抽選制をとっているところが公営納骨堂では多く、なかなか当たらないのが現状です。

さらに上記で挙げた費用の他に年間で維持管理費用(5,000円〜1万円前後)がかかる場合もあります。維持管理費用は、最初の料金に含まれていることもあるのでよく確認してください。ちなみに公営の場合でも年間の管理費用は必要です。

納骨堂は一般的に三十三回忌くらいまでは、個別に安置されますが、それを過ぎると合葬されます。ただ自分のお骨をそれ以降も個別に納骨堂に安置しておきたい場合は、その分費用が加算されることになります。

さらに納骨だけでなく、お寺によっては戎名や位牌の授与をしてくれたり、位牌を置く場合などで別料金が発生する場合もあります。

納骨堂はお墓と違って永久使用の権利を買うものではなく、使用料を支払って一定の期間の権利を得るシステムだということをまずは理解しておいてください。

費用については総額でどれくらいかかるのか、また支払う料金でどれだけのサービスが受けられるか、また供養してもらえる内容(期間)をしっかりと確認してから契約するようにしましょう。

東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧