宗教による納骨堂の違い

宗旨や宗派によっては、納骨堂の利用が制限される場合も

納骨堂によっては「宗教・宗旨・宗派を問いません」と表記された案内を見かけますが、ここもまた普段、宗教に縁がない方は分かりにくいところです。

納骨堂を運営しているところの多くがお寺ですから、仏教であればまず間違いないでしょう。しかしながらキリスト教や創価学会などといった新興宗教でも、「宗教・宗旨・宗派を問いません」と説明されれば納骨堂を利用できるのでしょうか?

答えを先に言うと、利用は断られる場合がほとんどです。お寺の場合、「宗教・宗旨・宗派を問いません」というのはあくまで在来仏教であればと言うことです。

キリスト教徒が納骨堂を求める場合は、キリスト教会が運営している納骨堂や民間の墓苑にある納骨堂を選ぶことになり、創価学会などの新興宗教も独自に納骨堂や墓苑を用意しているので、そちらに申し込むことになります。

制限はあるもののお寺が運営している納骨堂の中には、キリスト教や神道、創価学会などの新興宗教の方も受け入れているところもありますので個別に相談してみてください。

納骨堂を利用したいだけの場合は、そのお寺の檀家になる必要はありませんが、なかには過去の宗教は不問でも、これから檀家に入り、その寺院の宗旨・宗派に入ることを条件として提示されることもあります。

いずれにせよお寺の納骨堂は、お骨を安置する単なるスペース貸しではないということです。

宗旨や宗派について改めて整理しておきましょう

日本人は多くの方が普段の生活において宗教に馴染みがなく、あまり意識していないため、いざ「宗旨や宗派とはなんぞや?」と問われると、明確に応えられない方が多いでしょう。

簡単に説明すると「宗旨」とは、それぞれの宗教が教える教義で、信仰内容を説く教えになります。大きな意味で仏教やキリスト教、イスラム教とった教義になります。

宗派は同じ宗教の中での分派を意味しています。例えば仏教を例に挙げると13の宗派があります。
例)曹洞宗、天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、黄檗宗、日蓮宗、融通念仏宗、時宗、律宗、華厳宗、法相宗。

東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧