納骨堂での法要

納骨堂で行なわれる一般的な法要

納骨堂のある寺院では、供養として法要を行なっています。お寺によって法要も異なりますが、月一回程度の割合で合同供養をしていたり、年忌法要を回忌毎に行なうなど様々です。

法要については個別でも受け付けていて、希望すれば執り行うこともできます。ただし個々にお願いする場合は別途で費用(お布施)がかかりますので、事前に相談してみましょう。

たいていの納骨堂では三十三回忌までは、個別に法要が執り行われ、それ以降は永代供養墓に合祀されることになるでしょう。こうして永代に渡って供養してもらえるため、納骨堂を利用すれば、無縁仏や無縁墓になることもありません。

忌日法要と年忌法要の違い

そもそも法要とは、故人の冥福を祈って、その御霊を慰めるために行ないます。法要にもしきたりがあって、細かく執り行うやり方が決まっています。

仏教においては忌日法要はまず、亡くなった日から49日までに、7日ごとに法要を行ないます。初七日に始まり、七七日法要まで。

今では初七日の法要はたいてい葬儀と共に行なわれます。ですから参加される方も家族以外の出席者もいます。その後四十九日までの法要は、家に住職を呼び、親族だけの席でお経を挙げてもらいます。

四十九日は、遺骨を納骨堂に納める日になり、この時は親戚や親しい友人なども招いて法要を行ないます。

これ以降は年忌法要になり、年単位で法要を行ないます。亡くなられてから1年後の初めての命日が「一周忌」、2回目の命日が「三回忌」です。三回忌からは、数え年のように亡くなった年も含めて数えます。

年忌法要では、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌があります。
三十三回忌か五十回忌を最後の法要とするのが一般的で、この時を弔い上げと言い盛大に法要が行なわれます。しかし、最近では法要は縮小傾向にあって、十七回忌以降は省略される場合が多いようです。

ちなみに一周忌までがいわゆる喪中になり、この日を境にして喪が明けると呼んでいます。

東京の納骨堂を探す
【こだわり別】
都内にある納骨堂
見学レポート
納骨堂とは?
まず知りたい基礎知識
東京都内の納骨堂一覧